So-net無料ブログ作成

グリーンピース またまたお騒がせ ロシアの掘削船で 発砲も [事件・事故]

スポンサーリンク







日本の船も迷惑してる活動団体 グリーンピース どこでもやってるな~
記事によると、

ロシアの沿岸警備隊は18日、北極圏のペチェラ海で、国営エネルギー大手ガスプロム所有の
石油プラットフォームによじ登った国際環境保護団体グリーンピースの活動家2人を逮捕した。

2人の活動家は警備隊による威嚇射撃を無視し、同社による海底油田の掘削に抗議していたと、
当局とグリーンピース双方が認めている。

グリーンピース側の声明によると、活動家たちは夜明け前、同団体所有の母船
「アークティック・サンライズ号」からゴムボートに乗って出発し、ガスプロムの
Prirazlomnaya掘削装置へ向かった。

放水を受けながらも、自分たちの体をプラットフォームにロープで結びつけて登り始めたが、
その後逮捕、拘留されたという。

また、グリーンピースの母船は沿岸警備隊から11発の威嚇射撃を受けたとしている。
母船はその場にとどまり続けたが、グリーンピース側は「平和的な抗議」に対する不相応な
実力行使だと当局を非難している。

ロシア連邦保安局も声明で、活動家たちに「違法な活動」を止めるよう警告したが拒絶されたため、
警備隊がAK-74アサルトライフルで威嚇射撃を行ったと発表した。

FSBはまた、母船にも走行を停止するよう命じたものの拒絶されたため、別に4度砲撃したと述べている。

グリーンピースは2012年8月にも、クミ・ナイドゥ事務局長を先頭に同じ施設で、同様の抗議行動をしている。

グリーンピース側は、付近にはホッキョクグマやアザラシの生息地となっている
3か所の自然保護区があるが、ガスプロムは2014年からこの掘削施設での生産を予定しており、
生産が開始されれば原油流出の危険性が高まると主張している。


グリーンピースには、表向きには環境活動と言いながら、その活動資金は
あらゆる営利団体や個人からの寄付によっているので、資金提供もとの思惑が強く反映されるとも
言われてるので、ややこしい団体ですな~。

クジラの時も、捕鯨反対国や個人からの活動資金を得てたのではないか?という事が
報道されてたと思います。

日本も日本海でメタンハイドレートの掘削が始まれば、妨害行動に来るかもしれませんね?
そのときの活動資金は、近隣諸国だったりして(^^;
日本の場合は、ロシアみたいに発砲するとこまで行けないと思うので
いかに防ぐかはもんだいですな~。

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。